かながわサイエンスパークでは年に3~4回火災訓練が実施されます。

3月4日は「地震によりR&D棟のD6階の電気機器から出火」を想定して訓練が行われました。

従業員全員に支給されているヘルメットと非常持ち出し袋を装備します。

集合場所は、敷地内の多目的広場です。KSP全体から集まります。

梯子車で6階窓から救助、無事終了しました。

起震車で震度7の体験をしました。想像を超えた揺れに恐怖を感じました。

煙霧体験もしました。目が全く見えなくなり、方向感覚を失って入口に戻ってしまう人もいます。

災害は忘れたころにやってくるといいますが、危機意識を喚起するためにも訓練は必要ですね。
消防署やKSPの皆様、開催していただきありがとうございます。社員の皆さんお疲れ様でした。